Ethernet の PoEに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PoE

読み方、または別称:ぴーおーいー

PoE(Power over Ethernet)とは、イーサネット配線で利用されるUTPグルーブ(カテゴリ5以上)を使うケーブルで電力を供給する技術を言う。2003年6月、IEEE802.3afとして標準化された。利用範囲は広く、電力の供給が難しい場所でのIP電話、ウェブカメラ、スイッチングハブ、無線LANアクセスポイントなどである。
この技術を使うことで、LANケーブル1本あれば、電力供給を受けることができるので、ACアダプタのような外部電源がいらなくなるというメリットがある。省線化、コンセントの追加などのコスト削減ができる。ただし、接続には、CAT.5のLANケーブルが必要である。 PoE機器には、電力供給するものとされる機器がある。受電対応機器に接続を行うとき、給電機器などが他に必要になる。LANを利用するときには、外部電源も必要になる。PoEでは、IEEE802.3afに標準化されたこと、給電側のパターンの選択ができることで、どんなLANでもPoEを使えるデータ側、空き側の2対を使って給電できるようにしている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る