公衆回線網 の PSTNに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PSTN

読み方、または別称:ぴーえすてぃーえぬ

PSTN (Public Switched Telephone Network)とは公衆交換電話網(こうしゅうこうかんでんわもう)で、固定電話回線の電話網のことである。
公衆交換電話網の歴史をみると、時代とともにIT技術の進歩を取り入れ、大容量化かつ多機能化が図られて来ている。そのスタート地点は手動交換 である。
すなわち、1870年代後半の電話サービスの開始時は全て手動交換であった。その中継操作に時間がかかったため、通話の申し込みから通話が可能になるまでに待ち時間があった。しかし、通信需要の増大に対応するため、世界的にダイヤル即時自動化が行われた。
1880年代のステップバイステップ交換機の登場で、電話加入区域内通話の自動化が各国で始められた。1926年にクロスバー交換機がデンマークを皮切りに世界中で使われだして、各国で市外通話や国際電話の全面即時自動化に利用された。この方式はフレキシブルな中継回線接続が可能で、中継回線の効率的な利用が可能になった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る