ダイヤルアップ の PPPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PPP

読み方、または別称:ぴーぴーぴー

PPPはPoint-to-Point Protocol(ポイントトゥポイントプロトコル)は、文字通り2点間を接続する通信プロトコルで、SLIP (Serial Line Internet Protocol) 続くプロトコルとして1992年(平成4年)に規定されたが、現在は1994年(平成6年)に規定されたバージョンが使われている。
PPPとSLIPが違う点は、PPPがTCP/IP以外の通信プロトコルとも接続できことであり、ダイヤルアップPPP は、PPPにダイヤル発信や着信の機能が追加されており、電話回線を介してネットワークにコンピュータを接続するための通信プロトコルとして一般に広く利用されている。
PPPの通信はリンク制御プロトコル (LCP )とネットワーク制御プロトコル (NCP)を使用しているが、LCPでパスワード認証プロトコル (PAP)を使ってユーザ認証を行い、リンクが確立した後でNCPが通信プロトコルに必要な設定を行うようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る