ネットワーク技術用語辞典 の PDUに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PDU

読み方、または別称:ぴーでぃーゆー

Protocol Data Unit(プロトコルデータ・ユニット、PDU)とは、データ通信に使われるバイナリデータの単位である。PDUは、通信プロトコルで決められたヘッダ部分と、通信データの中身であるペイロードで構成されている。
なお、この単位の呼び名は、TCP/IPのPDUは「パケット」、EthernetのPDUは「フレーム」、ATMのPDUは「セル」である。
一般的なPDUは、データ本体の最初に、そのプロトコルで使用する相手のアドレスなどの制御情報(ヘッダと言う)を付けた形式になっている。なお、PDUプロトコルは階層構造になっていることが多く、その場合はPDUのデータ本体は上位レイヤーのプロトコルが扱うことになっている。
ヘッダ部分には、少なくともデータの種別、解釈が可能な配送先(例えばアドレスや名称)と送信元、必要に応じてデータバイト数などが書き込まれており、受信側でこれを理解して読み取ることで通信が可能になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る