業務システム の PDMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PDM

読み方、または別称:ぴーでぃーえむ

PDMとは、製品の設計や開発、保守などの実現を支援するシステムであり、製品情報管理のことを指す。英語表記がProduct Data Managementなため、頭文字をとってPDMと略される。設計期間を短縮させ、また品質向上を同時に実現できるシステムとして、現在もっとも急速に発展している。
PDMシステムの出現で初めて、チーム設計やコンカレント開発、マルチサイト開発などのコンセプトが実現可能となり、PDMシステムとBOM(部品表)システムと融合しつつある。例として、開発部品表(E-BOM)や生産部品表(M-BOM)などがある。
これらは部品情報を一元化し、営業・購買・設計・生技・製造などの各部署から、部品情報を常に参照できるようにしたBOMもある。PDMの目的は、“製品関連情報の一元管理”であること。ここでいう管理とは、“設計意図”“コスト情報”“材質”“加工”“売価”など。
製品のすべてのライフサイクルに渡って、最新の情報保管と伝達を意味する。機能としては、1.最新管理、2.変更管理、3.権限管理、4.構成管理、などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る