バス の PCI-Xに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PCI-X

読み方、または別称:ぴーしーあいえっくす

PCI-X(ピーシーアイエックス)とは、パソコンと外部機器とのデータのやり取りするPCIバス規格の拡張版。PCI-Xバスは多くの仕様がPCIバスと共通で、上位互換性があるため、既存のシステムのまま利用が可能である。
PCIバス規格はCompaq Computer社とHewlett-Packard社、そしてIBM社の3社によって提唱されたもので、Intel社は加わっていなかったが、PCI-Xについては、Intel社も規格の策定に加わっている。
PCI-Xは、最高のバス幅64ビット、動作周波数66MHzのPCIバス以上の、コンピュータの高速化による転送速度の高速化の要求に対応するもので、PCIバスの最大データ転送速度の8倍になる。動作周波数は133MHzに引き上げられ、最大データ転送速度は1.06GB/sになっている。また、データ転送時のプロトコルも改良されているため、データ転送の効率が上がっている。
なお、PCI-Xは2002年7月にPCI-X 2.0として拡張され、PCI-Xの最大データ転送速度は4.24GB/s(133MHzx4の場合)に引き上げられている。また、サーバ用途での信頼性向上のため、転送するデータにECCを付加する機能が追加されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る