PCカード の PCカードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

PCカード

読み方、または別称:ぴーしーかーど

PCカードとは、パソコン用小型カード型インターフェースおよび規格による拡張カードで、日米協調し、規格統一を行っている。主にノートパソコンや小型省スペース型デスクトップパソコンで利用されており、PC向けでは初めて本格的なプラグアンドプレイ、ホットスワップと実現している。
当初は「PCMCIAカード」「PCMCIAスロット」と呼ばれていたが、1993年の規格統一の呼称とし、「PCカード」が制定された。その為、「PCMCIA」は規格策定団体のみを指すようになった。従来の型は、ISAをベースにしており、16ビットPCカードという。PCIをベースに32ビット化されたものは、CardBus(カードバス)という。
また、コンパクトフラッシュは、16ビットPCカードを小型化にしたもので、サイズとピンの数以外はほぼ同じ規格になる。後継規格は、ExpressCard。USB 2.0とPCI Expressをベースにしており、PCカードとの互換性はない。形状は、クレジットカード大(長さ85.6mm×巾54.0mm)となり、厚さは物によって異なる。Type I(3.3mm)=Type IV(10.5mm超、非標準)まである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る