ファイル共有 の P2Pテレビに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

P2Pテレビ

読み方、または別称:ぴあつーぴあてれび

P2Pテレビ(ピアツーピアテレビ)とは、P2Pを用いたソフトウェアアプリケーションのことで、動画をストリーミングしたり、ファイルとしてP2Pネットワークに流し世界中に配信する。ソフトによってチャンネルの内容が異なり、著作権的に問題のあるものも配信されている。
P2Pテレビに用いられているP2Pは、多数の端末間で通信を行うために必要とするアーキテクチャのひとつで、対等の者同士が通信することを特徴とした通信方式、通信モデル、通信技術の一分野を指している。基本的に、PSPと略して呼ぶことが多いが、正式名称はPeer to Peer(ピアトゥピア、ピアツーピア)。
P2Pに相対する用語として、クライアント-サーバ方式があるが、これはサーバのIPアドレスやURLが広く周知・公開されており、これらに対し、多数のユーザクライアントがアクセスする形態を取っている。それに対し、P2Pでは一般ユーザの端末装置に対し、他のユーザ端末装置が直接アクセスするという大きな特徴がある。
前者の方式では端末の数が多くなると、サーバ装置・回線の能力不足が起こってしまうが、P2Pの方式では端末数が膨大になっても、サーバへのアクセスが集中することな少ないという特徴を持っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る