情報科学 の OpenVZに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

OpenVZ

読み方、または別称:おーぷんぶいずぃー

OpenVZ(オープンブイジー)とは、Red Hat Enterprise Linux用のOSレベルのサーバ仮想化ソフトで、Linuxカーネルをベースに開発されたParallels Virtuozzo Containers for Linuxのオープンソース版である。1つの物理サーバ上にいくつかの独立したLinuxインスタンスを作成できるため、Linuxカーネルをすべてのインタンスで共有することが可能である。その為、WindowsなどLinux以外の環境では動作させることができない。
VMwareやXenなどのハイパーバイザー型の仮想化ソフトではオーバーヘッドが少ないため、稼働させる環境数で優位である。またより高密度化できるため、バーチャル・プライベート・サーバでの使用はコストダウンをはかることができる。
新しいバージョンが登場するたびに、機能の充実性を図っている。例えば、RHEL 5版では仮想メモリ単位でしかメモリの制限をかけることができなかったが、RHEL 6でLinuxカーネル2.6.32になったことでcgroupsの開発が進み、VSwapが使用可能となり、物理メモリスワップメモでも制限をかけられるようになった。チェックポイントとライブマイグレーションにも対応している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る