オープンソース の OpenStackに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

OpenStack

読み方、または別称:おーぷんすたっく、オープンスタック

OpenStackとは、クラウド基盤をオープンソースで実現するためのプロジェクトのことである。クラウド基盤を構築するオープンソフトウェアであるKVM、Xen、VMware ESXi、Hyper-Vなど仮想化ソフト(ハイパーバイザー)と組み合わせ、IaaSや仮想マシン、ストレージ、ネットワーク機能などを提供する。
OpenStackを使って構築したクラウド環境は、統一したAPIを使って管理できることになる。また、Amazon EC2との互換性もある。
OpenStackを構成する要素としては、仮想マシンを管理する「Compute」(コード名:Nova)、仮想マシンのディスク機能を提供する「Object Storage」 (Swift)、外部ストレージを管理する「Block Storage」(Cinder)、ネットワーク機能を提供する「Networking」(Quantum)などがある。
OpenStackは当初、米Rackspace社がSwiftを、NASAがNovaを開発しオープンソース化したが、2つを組み合わせたクラウドコンピューティングを開発するプロジェクトとなりOpenStackとなった。現在では、多くの大手企業がOpenStackに賛同している。また、日本では、日本OpenStackユーザ会も発足している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る