オブジェクト指向 の Oopに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Oop

読み方、または別称:おーおーぴー

OOP (Object-oriented programming)、オブジェクト指向プログラミングとは、オブジェクト同士の相互作用としてシステムの動作をキャッチすると言う考え方である。なお、英語の object-oriented は、対象物志向、目的重視のことである。
オブジェクト指向はオブジェクト指向プログラミング (object-oriented programming) から始まっているが、その後、システム開発での要求分析フェイズで、開発する対象領域(object area)の構成要素をオブジェクトとして抽出し定義していくオブジェクト指向分析 (object-oriented analysis) 、さらには、オブジェクト指向設計 (object-oriented design) のための技術としても発展した。
なお、オブジェクト指向プログラミングのプログラミングパラダイムでは、プログラムの実行のフローをあらかじめ決められた制御構造の組み合わせととらえて記述する構造化プログラミングや、カプセル化を促進するモジュールプログラミング、柔軟に対応するデータ指向プログラミングが存在していた。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る