オープンソース の OSSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

OSS

読み方、または別称:おーえすえす

OSS (オーエスエス)とはOpen Source Software(オープンソースソフトウェア)の略で、ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布を許可されているソフトウェアのこと。
または、オープンソースに関する文化の啓蒙活動を行っているThe Open Source Initiative(OSI)という団体によって認定されたソフトウェアのことである。ソースコードがあれば、そのソフトウェアの類似品を開発することが可能であり、そのソフトウェアで利用されている技術を転用することもできる。そのため企業などでは、通常、自社の開発したソフトウェアのソースコードは極秘とし、他社に提供する場合はライセンス料を要求する。
こうしたソースコードの秘匿やライセンス料の発生に対して、あらゆるユーザが良質のソフトウェアを利用可能であるように、また、ソースコードを共有の知的財産として扱い、修正や改良を重ねていくことで、より良いソフトウェアに育んでいくことを志向しているのがOSSであり、1998年、「The Open Source Definition」(OSD)という定義が発表している。
OSDは「自由な再頒布の許可」「派生ソフトウェアの頒布の許可」「個人や集団の差別の禁止」「適用分野の制限の禁止」など10項目からなり、これに準拠しているソフトウェアライセンスには「OSI認定マーク」が付与される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る