OSI参照モデル の OSI基本参照モデルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

OSI基本参照モデル

読み方、または別称:おーえすあいきほんさんしょうもでる

OSI基本参照モデルとは、国際標準化機構によって作られたコンピュータの機能を階層別にモデル化したものである。もともとOSI基本参照モデルはOSIのために策定されたものであったがOSIはあまり普及せずOSI基本参照モデルが代わりに普及した。OSI参照モデルISO7498として規格化されている。
OSIがどのような階層によって構成されているかといえば、全体で7層の構造をなしている。具体例をあげれば第1 層は物理層と呼ばれコネクタのピンの数など通信に必要な物理的条件を定めている。第2層は信号の受け渡しを行う層である。データリンク層と呼ばれている。第3層は通信経路の選択について定めている。この層はネットワーク層と呼ばれている。第4層はエラー訂正など通信管理を行う層である。トランスポート層と呼ばれている。第5層は通信する上での開始から終了までの手続きを定めてもので、セッション層と呼ばれている。第6層はデータをどのような形で表現するかを定めたものである。プレゼンテーション層と呼ばれている。第7層は具体的な通信サービスを行うことである。アプリケーション層と呼ばれている。
以上の分け方は便宜的に過ぎないものであり、実際は複数の階層にまたがって行われる場合もある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る