トランザクション処理 の OLTPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

OLTP

読み方、または別称:おーえるてぃーぴー

OLTPはオンライントランザクション処理のことを指す。データ端末から受け取った情報をホストコンピュータがそのまま処理をする。いろいろな所に使われている技術であり、例えばインターネットバンキングや電子商取引などに使われている。OLTPのトランザクションは短時間でたくさんの情報を処理することが必要である。途中で処理を停止するとデータの整合性がなくなるので、OLTPのトランザクションには高い信頼性が必要になる。OLTPは異なるコンピュータ間でも使用することができるようになっている。OLTPはWebサービスなどに組み込まれている場合が多い。
OLTPを用いるメリットであるが、OLTPを用いることで文章記録を減らすことができ、経費の削減をすることができる。さらに情報伝達の速度が上がることから時間の短縮にもなる。24時間稼動していることから、顧客にとって利用しやすいものになっていて顧客の数と幅を広げることができる。
ただ、欠点もある。誰でも自由にいつでも使えるということは悪意あるものに潜入されやすい。このためセキュリティ面での強化がこれからは必要になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る