マーケティング の O2Oに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

O2O

読み方、または別称:おーつーおー, Online 2 Offline, Online to Offline, On2Off, O to O

オンライン(ネット上)でのマーケティングや各種の販売促進活動が、オフライン(実店舗)への購買活動に影響を与えることを意味する。さらには、オンラインとオフラインの双方での活動が連携・融合されることも含めて考えられている。
オンラインでの活動の例としては、自社サイトの展開、アフィリエイトなどによるネット広告、メールマガジンの発行、各種クーポンの配布などがあげられる。最近ではソーシャルメディアによる情報発信も活発に行われている。これらの活動により、店舗の認知度を高め、来店を促すことは、O2Oの基本形といえる。このようなO2Oでは、マーケティングや販売促進活動が、どのように実店舗への影響を与えるかを測定・分析しやすいメリットがある。
また、O2Oに特化したサイトともいえる飲食店の口コミサイトや各種メディアサイトなどにある情報が、実店舗での購買活動につながる仕組みもオンラインとオフラインの連携・融合とも考えられる。
さらに最近では、スマートフォンによって取得できる位置情報やNFCを使った広告・宣伝なども活発に行われるようになってきている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る