情報科学 の Netpbmに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Netpbm

読み方、または別称:ねっとぴーびーえむ

Netpbmとは、画像を扱っているプログラムとライブラリのオープンソースパッケージのことである。主にUnixプラットフォームで用いられることが多く、移植性の高いパッケージでUNIXプラットフォームやWindows、Mac OS X、VMS、またUnix-likeなオープンソースなOSで動作するように開発されている。
netpbm formatの画像形式を定義しており、これには複数の画像フォーマットが含まれている。1つは、portable pixmap/greymap/bitmap formats PPM、PGM、PBM形式をまとめてPNM形式と呼ぶ。2つは、PAM形式となる。Netpbmには220以上のプログラムが含まれているが、その中でも多くはpbmやpgm、ppm、pamなどがついている。
例えば、画像を10%縮小するプログラム「pamscale」、画像を重ねて合成するプログラム「pamcomp」、文字列画像にするプログラム「pbmtext」などのようになる。Netpbmパッケージでは、PBM形式を.bmpに変換する場合など、変換プログラムを連続させて使うことも可能である。
PMB形式はプレーンテキストとして電子メールで送受信することができ、ASCIIコードが廃れた後でも、使える画像フォーマットを開発する目的で1980年代にJef Poskanzerによって考案された。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る