情報科学 の NdisWrapperに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

NdisWrapper

読み方、または別称:えぬでぃすらっぱー

NdisWrapperとは、Windows向けドライバをLinuxで使えるようにするフリードライバラッパーのことで、LinuxカーネルにWindowsカーネルの一部機能をNDIS APIを実装、無線ネットワークカードに付属しているWindows向けに行う。多くの無線ネットワークカードベンダーがLinux向けドライバをリリースしていないため、LinuxディストリビューションにはNdisWrapperを含んでいることが多い。
使い方は、最低限としてinfファイルと.sysファイルが必要となる。例えば、driverという名前のドライバがあるとし、ファイルにdriver.infとdriver.sysがあるとする。また、vendorid:productidは0000:0000であるとすると、NdisWrapperは/etc/ndiswrapper/driver/にインストールしなければならない。この時、フォルダには「0000:0000.conf」「driver.inf」「driver.sys」のファイルとなる。
ちなみに、infファイルから抜き出した情報を格納しているのが「0000:0000.conf」。本来のinfファイルを「driver.inf」」。本来のドライバ本体を「driver.sys」とする。
グラフィカルなフロントエンドとして、NdisgtkやNdisConfigがあり、これらを使うことでグラフィカルな環境でNdisWrapperを使うことができるようになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る