マザーボード の NTLDRに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

NTLDR

読み方、または別称:えぬてぃろーだ

NTLDR(NT Loader、エヌティローダ)は一部のWindows NT系で使われる標準のブートローダ(コンピュータの起動直後にOSをディスクから読み込んで起動するプログラム)である。
NTLDRはWindows NT系のWindows NT/2000/XP/Server 2003に標準で搭載されているが、同じWindows NT系であるWindows VistaおよびWindows 7ではNTLDRの代わりにWBM(Windows Boot Manager)が搭載されている。
NTLDRはWindows NT系のOS以外でも、Windows 9x系やPC-UNIXなどのWindows NT以外のOSもパーティションなどを設定することで起動することができる。ただし、NTLDRを使用するためには起動ドライブルートディレクトリにNTLDRとBoot.iniを必要とする。また、NT系OSはそれに加えて、ntdetect.comも必要になる。
NTLDRは、マイクロプロセッサを32Bitモードに切り替え、ファイルシステムにアクセスしてBoot.iniを読み込み、ntdetect.comを実行し、ハードウェアの情報収集をして、ntoskrnl.exeを実行し、ntdetect.comで集めた情報を渡す順序で作動する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る