業務システム の MRPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MRP

読み方、または別称:えむあーるぴー

MRP(エムアールピー)とは Material Requirements Planning(資材所要量計画)の略で、1960年代に考案され、製品の生産に必要となる部品の量を事前に見積もるための手法のひとつで、工場などで生産管理手法として使われている。
MRPの概念を発展させ、資材以外の人員、設備など製造に必要なすべての資源を管理する仕組みをMRP2といい、さらに企業全体の在庫、決済、資産の管理を行うようにしたのがERP(企業資源計画)である。
現在、MRPに関する業務は、生産管理パッケージ、またはERPソフトウェアというような名前でコンピュータシステム化され、専用のソフトも販売されている。それらのシステムは生産規模や利用する従業員数などによって大規模向け、中小・中堅規模向けに製品化されており、生産スケジューラというジャンルでMRP機能を実装する製品も製造業を中心に広く利用されている。
リードレックスの「RPiCS」、富士通の「GLovia」、東洋ビジネスエンジニアリングの「MCFrame」、NECの「EXPLANNER」、キヤノンITソリューションズの「ALPHASE」などが高い導入実績を誇っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る