情報科学 の MRDBに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MRDB

読み方、または別称:えむあーるでぃーびー

MRDB(エムアールディビィ)はティーディーシーソフトウェアエンジニアリング(TDC社)が開発を行い販売している、日本語リレーショナルデータベースシステムである。なお、MRDBは事務系アプリケーション開発の効率化を開発のコンセプトとしている。
したがって、例えば VisualStudioのようにWebシステムからOffice・DBアプリなどでも開発できる万能開発環境とは異なり、Windowsアプリ開発・帳票作成に特化してアプリケーションの高速開発と保守に重点を置いたソフトウェアである。
最新バージョンはMRDB NEであり、処理のパターン化と日本語の関数が特長で、初心者にも扱いやすく、また開発専門のエンジニアの要求にも応える高い応用性を備えている。
また、ネットワークへの対応では、簡易なファイル共有LAN形態からMRDB独自サーバによるC/S形態、さらに、例えばSQL ServerやOracleなどの外部データベースと接続するC/S形態と、業務ニーズやシステム規模に応じた使い分けが自在である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る