ネットワーク制御 の MPLSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MPLS

読み方、または別称:えむぴーえるえす

MPLS(Multi-Protocol Label Switching)とは、フレームやパケットの前の方にラベルと呼ばれる識別子を付けて転送をすることで、通信の高速化や、さまざまな機能の実現を図る技術である。
MPLSは、当初は開発ルータによるパケット転送処理の高速化を実現する技術として発表されたが、ルータハードウェア化に伴い高速化よりも、多くの機能の実現手段として注目されている。
MPLSでは、Label Switched Path (LSP)と呼ばれるパスを生成することで通信を行う。なお、MPLSはOSI7層構造の第2層のデータリンクレイヤと、第3層のネットワークレイヤの中間になるため、「レイヤ2.5」と呼ばれることもある。
MPLSをサポートする通信装置は、LSR (Label Switch Router)と呼ばれる。MPLSではルーティングではIGP(Interior Gateway Protocol)を使用する。また、フォワーディングでは、入力インターフェイスから到着したパケットのラベルを、別のラベルに入れ替え、出力インターフェイスへ送り出す。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る