動画 の MPEG-4に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MPEG-4

読み方、または別称:えむぺぐふぉー

MPEG-4(エムペグフォー)はISO/IEC 14496で、動画や音声をデジタルデータとして扱うための規格のことで、システム、ビジュアル、オーディオ、ファイルフォーマットから成っている。ただし、一般的にはMPEG-4は動画の符号化方式を記述したビジュアル部分である。
なお、規格化を行っているのはMoving Picture Experts Groupであるが、MPEG-4を最終的に完成された動画/音声符号化の規格にする考えがあり、現在では3次元コンピュータグラフィクスや音声合成などを含む広範囲な規格になっている。
MPEG-4(ISO/IEC 14496)そのものは、動画および音声の全般をカバーするマルチメディア符号化フォーマットを規定している。
因みに、動画には第2部(1999年制定)と第10部(2003年制定)があるが、一般的にMPEG-4動画は第2部のことであり、第10部は第2部と区別するために、MPEG-4 AVC と呼ばれることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る