情報科学 の MOSAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MOSA

読み方、または別称:もさ

MOSAとは、ソフトウェア開発やプログラミングに関係する個人、及び企業の支援を行う特定非営利活動法人である。正式名称は、特定非営利活動法人MOSA。「Multi-OS Software Artists」の略称で、読み方は「モサ」である。Macintoshプログラマーを支援する任意団体「Macintosh OS Software Association」を母体としており、そのためMacintosh市場との関係が深いとされている。
MOSAは、2004年10月に特定非営利活動法人の認証を受け、同年12月1日に法人事業を開始した。さらに2007年9月には、会長を設立時の矢野孝一から加藤幹也に代わり、同年11月に「ソフトウェア・アーティスト宣言」を行った。
これをきっかけとして、「MOSA」は「Multi-OS Software Artists」の略と定められた。主な事業の例としては、勉強会としての「ハンズオントレーニング」、「テクニカルセミナー」、「中・上級者向けセミナー」、「『超』初心者向けセミナー」、「ビジネスセミナー」など、各種セミナーの開催や、オンラインメールマガジン「MOSA Developer News[MOSADeN=モサ伝]」の発行などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る