情報科学 の MOPACに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MOPAC

読み方、または別称:もぱっく

MOPAC(Molecular Orbital PACkage)、モパックは、MINDO、MNDO、AM1、PM3、PM5、Sparkle/PM3などのセミ経験的量子力学計算を行うための計算化学ソフトウェアで、Michael Dewarその他により開発された。
以前、MOPAC6やMOPAC7はフリーでダウンロード、利用が可能な形態で配布されていたが、現在の最新バージョンでは商用となっている。 ただし、MOPAC7をオープンソースにする動向もあり、Linux向けのオープンソース版MOPAC7が 利用可能になっている。
なお、2006年にJames StewartがFortran 90で書かれた無償配布バージョンのMOPAC7.1をリリースし、彼は続いてMOPAC2007をリリースしたが、無償での配布は教育関係に限定された。
現在の最新バージョンは2008年にリリースされたMOPAC2009で、対応OSはWindowsとLinuxである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る