設計/構造 の MIMDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MIMD

読み方、または別称:えむえむでぃー

MIMD(Multiple Instruction stream, Multiple Data stream)とはコンピュータを使う際に並列性を実現するために使われる技法で、MIMD型のコンピュータは独立して機能する複数のプロセッサを持ち、任意の各時点で、各プロセッサは異なる命令により異なるデータを処理する。
このMIMDアーキテクチャは様々な分野で応用されており、すなわち、CAD/CAMやシミュレーションモデリングや通信スイッチなどにしばしば使われている。
なお、MIMD型コンピュータは、共有メモリ型と分散メモリ型に分類されるが、この分類はMIMD型コンピュータのプロセッサがどのようにメモリにアクセスするかと言う点に着目したものである。
共有メモリ型コンピュータには、単純なバスを使ったものや、階層型のバスを使ったものがあり、分散メモリ型コンピュータは、通常ハイパーキューブ型やメッシュ型の相互接続ネットワークを使う。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る