ネットワーク管理 の MIBに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

MIB

読み方、または別称:えむあいびー

MIBとは、複数の意味を持つ言葉である。ひとつめのMIBとは、Management Information Baseの略称であり、管理情報ベースと訳される。MIBは、通信ネットワークにおいてデバイスを管理するためのデータベースであり、OSI/ISOをもとに発展したものである。ネットワークにおいて実体を管理するデータベース内のオブジェクトの集合体から構成される。
2つ目のMIBとは運動誘発盲のことである。運動誘発盲を英訳すると、motion-induced blindnessとなる。運動誘発盲は静止した刺激の周りに高コントラストの刺激を運動させ、その運動刺激により、静止刺激の知覚が妨害される錯視減少である。
3つめは、メビバイトのことである。メビバイトは、コンピュータの容量や記憶装置の大きさを表す単位である。MiBと表記される。1メビバイトは、2の20乗バイトであり、1バイトの1,048,576倍のことを表す。メガバイトとは異なりIECの決めた二進接頭辞のメビを取り入れており、違った意味では使われない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る