情報科学 の Linux-HAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Linux-HA

読み方、または別称:りなっくすえいちえー

Linux-HA(High-Availability Linux)とは、LinuxやFreeBSDなどの高可用ソリューションを提供するためのプロジェクトで、信頼性と可用性、保守性(RAS)をプラットフォームで促進することを目的としている。主な成果は、Hearbeatというソフトウェアで高可用クラスター用のクラスタ管理プログラムである
。ちなみに、高可用クラスター用クラスタ管理のライセンスは、GP。特徴と機能を、「ノード数の上限なし」「リソース監視」「障害ノードをクラスターから除去」「洗練されたポリシーベースのリソース管理」「時刻によって異なるポリシーを適用」「いくつかのリソーススクリプトを含む」「リソースおよびノードの設定・制御・監視用GUI」とする。
いくつかのリソーススクリプトは、Apache用・DB2用・Oracle用・PostgreSQL用などがある。1997年11月にプロジェクトが開始され、Harald MilzによってLinux-HA HOWTOという文書が書かれた。これは一般的なハウツーではなく、Linux用HA(高可用)ソフトウェアを誰かが作ったらというHA技法が使えるかを記述している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る