SCSI の LUNに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

LUN

読み方、または別称:えるゆーえぬ

SCSI接続の記憶装置において、1台の機器の中に複数の装置が存在する場合に、これを識別するための番号(論理ユニット番号:Logical Unit Number)。
多連装CD-ROMドライブなどで、1台の機器にドライブが複数ある場合、LUNによってこれを識別し、それぞれのドライブに個別にアクセスすることができる。
RAIDやストレージサーバなどでは、複数の物理ハードディスクをまとめたものが1台のSCSI機器として認識されるが、これを論理的に分割し、それぞれにLUNを割り当てることにより、別々の記憶装置としてアクセスすることができるようになる(全体で一つのLUNにする場合もある)。パソコンなどからはLUN単位が1台のハードディスクのように見え、これをさらに複数のパーティションに分割して別々の領域として利用することなどもできる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る