メモリ の LRDIMMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

LRDIMM

読み方、または別称:えるあーるでぃむ

LRDIMMとは、メモリモジュールの規格の一つで、コントローラとメモリチップ間のすべての信号をバッファ回路を介して行なうものである。
従来のRDIMM(Registered DIMM)では、アドレスやクロックなどの信号をバッファリングしていたが、これらに加えてデータ信号もバッファ回路を介してバッファリングすることによりI/Oバスの負荷を軽減し、モジュール1枚当たりに搭載できるメモリチップ数や、マザーボードに装着できるモジュール数を増やすことが可能となり、メモリの大容量化と高速化を実現している。
サーバーなどで用いられ、メモリを大量に必要とするアプリケーションの性能を向上できる。
正式名称は、Load Reduced Dual In-Line Memory Module(Load-Reduced DIMM)。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る