ハードディスク の LBAに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

LBA

読み方、または別称:えるびーえー

LBA(Logical Block Addressing)、ロジカルブロックアドレッシングは、コンピュータの補助記憶装置内にあるデータの位置を論理的に示す方法である。
LBAは、必要とするデータが単純に最初のセクタから何番目のデータかを示すので、同心円上に複数のトラックをもつハードディスクでも、CD-ROMやテープドライブのように1本のトラックで構成される装置でも利用することができる。
なお、ハードディスクの場合はATAで28bit、SCSIで32bit、BigDrive対応のATAで48bitが使用されている。
ハードディスクにあるすべてのセクタに通し番号を振って、その振られた通し番号でセクタを指定する方式であり、LBAにはビット数の規定はないので、無限に拡張することが可能である。実際には、IDE方式では28ビットを超えて48ビットまで、SCSI方式では32ビットまでの対応が可能になっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る