Ethernet の LANカードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

LANカード

読み方、または別称:らんかーど

LANカードとは、コンピュータネットワーク内でコンピュータの間の通信を行うために使われるハードウェアのひとつである。ネットワークカード(Network Card)とも呼ばれるが、一般的にはLANカード(ラン-)と呼ばれることが多い。
ネットワークアダプタやネットワークインタフェースカード(Network Interface Card 、NIC)と呼ばれることもある。
コンピュータにネットワーク機能を追加するために用いられる拡張カードの一種で、コンピュータ・バス(拡張スロット)に接続する拡張カード状のものが多い。
USBに接続するタイプもあるが、主にイーサネットについて言われることが多い。これらのアダプタは、イーサネットまたはトークンリングなどの特定物理想およびデータリンク層を使い、通信する。よって、電信的な回路を実装していることが特徴である。
一般的にLANカードはツイストペア(RJ45)、BNC、またはAUIなどのネットワーク・ケーブルを接続するソケットを持ち、ネットワークのオンライン状態やデータ転送中の状態を示している数個のLEDを持っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る