ネットワーク制御 の L3スイッチに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

L3スイッチ

読み方、または別称:えるすりーすいっち

L3スイッチは、レイヤ3スイッチのことであり、コンピュータネットワークの構成機器では主にLANの中核となる機器で、OSI参照モデルでのネットワーク層(レイヤ3)のデータの転送処理が主な機能である。
L3スイッチはレイヤ3のルータと機能的に重複する部分が多いが、ルータが各種の低速回線インターフェースを構成可能なことに対し、L3スイッチはイーサネットのインターフェースのみだけを持つとされていた。
しかし、レイヤ3スイッチの多機能化に伴い、レイヤ3間でのプロトコル変換、または、レイヤ3にレイヤ2のプロトコル変換機能が装備されるようになった。
つまり、L3スイッチは、L2スイッチから生まれたもので、したがって、その処理ロジックはルータよりもL2スイッチに似ている。L2スイッチがイーサネットフレームのヘッダをだけスキャンしてMACテーブルを作成し、フレームを転送するのに対し、L3スイッチでは主にFDBと呼ばれるテーブルで3層とMACおよび物理ポート番号を統合して管理する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る