設計/構造 の L2キャッシュに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

L2キャッシュ

読み方、または別称:えるつーきゃっしゅ

L2キャッシュ(level2 cache)とは、L1キャッシュより下位となるキャッシュメモリのことで、2次キャッシュまたはセカンダリキャッシュとも呼ばれている。CPUが動作する時に、その速度とメモリの速度のギャップを埋めるために使われる小容量の高速メモリのことである。
さらに高速のキャッシュは、上位のL1キャッシュが存在する。L1キャッシュは、CPUアーキテクチャと密接に連動し動作するため、高速だが容量を増やしにくいという欠点がある。その為、メインメモリよりは高速になるが、L1キャッシュよりも容量を増やしやすいL2キャッシュのほうが、CPUの性能向上の手段として有効になる。
L1キャッシュにしろL2キャッシュにしろ、CPUキャッシュメモリとなるが、そもそもキャッシュメモリとはCPUなどの処理装置がデータや命令などの情報取得と更新の際に、主記憶装置やバスなどの遅延/低帯域を隠蔽化させ、処理装置と記憶装置の性能の差を埋めるための高速小容量メモリを指す。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る