情報科学 の KOfficeに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

KOffice

読み方、または別称:けーおふぃす

KOfficeとは、KDEプロジェクト開発のフリーオープンソースのオフィススイートである。KOfficeという名称は旧称にあたるため、現在はCallingra Suite(カリグラスイート)と改称されている。変更は2010年12月。対応しているOSは、LinuxやFreeBSDなどのUnix系をはじめ、WindowsやMac OS Xにも対応している。ライセンスは、GPLLGPL。標準ファイルフォーマットにはOpenDocument形式が採用されている。
KOfficeの1.6.xシリーズはUnix向けにデザインされたものだったが、後にリリースされたバージョン2.0では、Mac OS XやWindowsにも対応するようになった。また、FlakeとPigmentを可能な限りアプリケーション内で使えるようにする作業も行われている。
開発者は、アプリケーションのバグを減らし、使い勝手を良くするために各アプリケーション間で基礎的な構造を多く共有するよう計画している。またOpenDocumentのライブラリを作成し、他のKDEアプリケーションでOpenDocumentファイルを簡単に読み書きできるようにすることも計画している。
ちなみに、ISO標準のオフィス文書フォーマットの「ODF」にも対応している。標準搭載することで、OpenOffice.orgまたはMS-Officeとの互換性も確保している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る