マークアップ言語 の KMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

KML

読み方、または別称:けいえむえる

KMLは、Keyhole Markup Languageの頭文字で、アプリケーション・プログラムで三次元地理空間情報の表示を管理するために開発された、XMLベースのマークアップ言語である。
なお、2008年4月にリリースされたKML2.2版は、地理情報システムのオープンソース化を目指す団体であるOpen Geospatial Consortium, Inc. (OGC)の規格にOGCKMLとして採用されている。
KML文書はテキスト形式で、Google EarthやGoogle Maps、Google Mobileで表示する要素を記述するが、3次元モデルはCOLLADA形式で書くことができる。
各地点は、常に右手系の経緯度情報を持っており、その他にカメラ・ビューの構成に必要なティルト、カメラの向き、高度などの詳細なデータを記述することもできる。また、KMLはGMLと同じ文法構造を持っているが、情報の一部は、Google MapsやGoogle Mobileで表示することができない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る