情報科学 の KIOに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

KIO

読み方、または別称:きお

KIOとは、ボーカロイドや3DCGを開発している人物のことである。カタカナ表記でキオとかかれることが多い。KIOの作品はホームページ上に公開されているものが多く手軽に閲覧をすることができる。キオは、3DCGモデリングソフト六角大王の解説も行っている。活動当初は、六角大王を使用した3DCGの制作が多かったが、MikuMikuDanceなどに使われるデータを現在は開発している。ニコニコ動画内にはキオをリスペクトしてキオの作風に似せた3DCGが数多く公開されている。そのような作品をキオ式3D作品集と呼んだりする。
他にKIOとしてKDEのアーキテクチャの一部であるKIOがあげられる。KIOは、Konquerorに使用されていて、ウェブサイトなどへのアクセスを単一のリソースで行うことができる。Konquerorは、遠隔地にあるファイルを操作することもできる。KIOを用いることでKonquerorは、非常に優秀なシステムとなる。
KIOはヨウ素酸カリウムがあげられる。ヨウ素酸カリウムの化学式はKIO3である。強い酸化性を持っていることに特徴がある。放射能被爆のさいの治療薬として用いられることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る