Java の Java Web Startに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Java Web Start

読み方、または別称:じゃばうぇぶすたーと

Java Web Start(ジャバウェブスタート)は、Java Swing APIで書かれたJavaのGUIアプリケーションをウェブサーバから自動的にダウンロード、インストール、アップデートして、サンドボックス上での実行が可能な仕組みである。
ウェブブラウザでJava Web Startに対応するJavaアプリケーションへのリンクをクリックすると、メディアプレーヤーなどの外部アプリケーション同様にJava Web Startが起動する。
なお、Java Web Startがアンインストールの状態であれば、Java Web Startソフトウェアが自動的にダウンロード、インストールされる。
もし、JREがインストールされていない場合は、自動的にインストールされ、また、JREやJava Web Startのバージョンが古いときは自動的にアップデートされる。さらに、対応Javaアプリケーションが古くても、最新バージョンがサーバにアップロードされていれば、事前確認が行われて自動的にアップデートされる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る