Java の Jarに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Jar

読み方、または別称:じゃー

Jar(java Archiver)とは、javaで使用される圧縮フォーマットで、バイトコード、画像などのリソースをZIP形式で圧縮されたファイル、それを出力するためのツールのことである。拡張子は、.jsrになる。この形になって、Javaアプリケーション、Javaアプレット、ライブラリの配布が容易になる。
複数のJavaクラスファイル圧縮されることで、ファイル全体も小さくなり、HTTPコネクションの数も減り、サーバの負荷も軽くなり、アプレットの速度が上がる。圧縮というとも解凍作業が必要だが、Javaツールに関しては、jarが直接扱うことができ、解凍作業は不要である。
複数のファイルをまとめるアーカイバとしては、JARのほかにWAR、EJBEARなどがある。これらはすべてZIPを扱えるツールで、META-INF/ディレクトリのマニフェストのメタ情報が格納されている。
電子署名ができるjarは、Javaアプレット、アプリケーションをしているときは、署名を信用したとき、ローカル環境にあるターゲット資源にアクセスできる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る