Java の JVMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

JVM

読み方、または別称:じぇいぶいえむ

JVM(Java Virtual Machine)、すなわち仮想マシンとは、Javaバイトコードを、そのプラットフォームのネイティブコードに変換、及び実行するソフトウェアのこと。Javaバイトコードとは、Javaのコンパイラが生成する実行用コードのことで、中間コードの一種である。
その特徴は、特定の環境に依存しないということである。JVMを用いる目的としては、Java言語で開発されたプログラムが、配布時には、Javaバイトコードのような、プラットフォームから独立した独自の形式になっているため、そのままでの実行は不可能であることから、これをネイティブコードのような、プラットフォーム固有の形式に変換して、実行を可能になるようすることである。
この変換を行うソフトウェアが、すなわちJVMである。JVMは、API(Application Programming Interface)や、他いくつかのツールとセットで、Java実行環境(Java Runtime Environment)としてリリースされており、これを移植することで、様々な場面においてJavaのプログラムを実行することができるようになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る