Java の JNIに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

JNI

読み方、または別称:じぇいえぬあい

Java Native Interface (JNI) は、Javaプラットフォームで、Javaで書かれたプログラムと、たとえばCやC++などの多言語で書かれた、CPUで動作するコード、つまりネイティブコードとをリンクするためのインタフェースである。
JNIはABIとAPIからなっているが、ABIはJava言語からネイティブコードを利用するためで、APIはネイティブコードからJavaのバイトコードを動作させるためのバーチャルマシンを利用するためである。
JNIを使えば、計算量の多いプログラムを高速化したり、標準クラスライブラリからはアクセスできないOSの機能を利用するプログラムを、通常のJavaクラスのように呼び出すことができる。さらに、最近のJRuby等、Javaで書かれたスクリプト言語からも同じように呼び出せる。
なお、JNIのフレームワークでは、ネイティブ関数は.cまたは.cppファイルに分離して装備され、C++はJNIに対してさらに高度なインターフェイスを提供する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る