Java の JMSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

JMS

読み方、または別称:じぇいえむえす

JMS(Java Message Service)とは、メッセージ指向ミドルウェアであるMOM(Message Oriented Middleware)のメッセージングシステムにアクセスするための標準インターフェースである。
ネットワークを通して複数のアプリケーションにメッセージ形式でデータを送受信させるAPI。JMSはJ2EE (Java2 Enterprise Edition)に標準で含まれている。メッセージの形態にP2P(Peer to Peer)という、多数のコンピュータ同士が対等に通信をする方式を用いている。Peerは対等のもの、という意味をもつ。
JMSはベンダーニュートラルな仕様となっているため、どのアプリケーションにも同じアクセス方法でアクセスできる。JMSを使用してメッセージの送受信を行うアプリケーションをJMSクライアントと呼ぶ。
また、JMSプロバイダとはサーバの機能を指し、JMSを持っている製品や仕組みのことを意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る