Java の JFCに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

JFC

読み方、または別称:じぇいえふしー

JFCとは、ポータブルJavaベースのGUIを構築するためのグラフィカルフレームワークである。正式名称は、Java Foundation Classes。JFCは略称になる。Abstract Windows Toolkit(AWT)、Swing、Java 2Dから成っており、これらは基礎を成してからユーザインタフェースシステムがWindowsであれMac OS Xであれ、またLinuxであっても、Javaプログラムに一貫したユーザインタフェースを提供している。
AWTは、他のインタフェースライブラリよりも古く、ホストプラットフォームのネイティブなグラフィックス機能を基にしているという理由で批判されたが、それはAWTの標準ウィジェットがネイティブウィジェットの能力に頼っていることが大きく関係している。
Internet Foundation Classesと呼ばれる代替グラフィックライブラリは、ネットスケープ社によってプラットフォーム非依存コードになるよう開発され、最終コードはプラットフォーム非依存になる。また同時に、ネイティブアプリケーションの外観を疑似的に再現できるようになっている。関連として、SWT(Standard Widget Toolkit)がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る