Java の J2EEに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

J2EE

読み方、または別称:じぇいつーいーいー

J2EEとは、Javaの企画用機能セットである。Java Platform, Standard Edition(JavaSE)の拡張機能という形で提供されている。発表は1998年に行われ、主に大規模システム向けにサーブレットやJava Transaction API、JavaServer Pages、Enterprise JavaBeans、XML関連のAPIなどの機能をセットにし提供している。
その為、多層システムの構築ができ、EJBによりトランザクション管理・リモート接続などの自動化が行える。現バージョンはJava Platform, Enterprise Edition 6(Java EE 6)と命名されており、Java EE 5より以前のバージョンはJava 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)と命名されていた。
Java EEそのものは仕様であるため、各社がライセンスを受けて実装・販売を行っている。Java EE APIは、Java SE APIを元に機能拡張されたものなため、さまざまな技術を包含している。例えば、「Javax.ejb」はEJB1とEJB2の永続化機能を提供するための分散オブジェクトコンテナで、遠隔手続き呼び出し(RMI、RMI-IIOP)同時実行制御、およびアクセス制御を定義したものである。
また、このパッケージはエンタープライズビーンとそのクライアント、そしてエンタープライズビーンとEBJコンテナのそれぞれの間の決まりを定義したクラスとインタフェースを含んでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る