情報科学 の Ispellに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Ispell

読み方、または別称:あいすぺる

Ispell(アイスペル)はスペルチェッカの元祖とも言える、多くのヨーロッパ言語をサポートしたUNIX向けスペルチェッカであり、インタフェースがいくつもあり、例えばemacsなどのエディタから呼び出すこともできる。
ただし、GNU Aspell とは異なり、Ispell では Damerau-Levenshtein距離が1の候補しか示さず、発音規則に基づいてそれ以上の距離の候補を示すことはできない。
Ispellは1971年にR.E. Gorin がPDP-10のアセンブリ言語で書いたが、その後、C言語に書き直され改善された。なお、Ispell が編み出した汎用接辞記法体系はMySpellなどのスペルチェッカでも踏襲されている。
Ispell は入力ファイルを単語ごとに読み込み、該当する単語が辞書にないと読み込みを止めて、考え得る正しいスペルの候補を作成して間違っている単語と共にユーザに示す。ユーザはそこから適切なスペルを選択し、単語を置き換えたり、修正なしでそのままにしたり、また辞書に新たな単語として登録する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る