情報科学 の IrSimpleに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IrSimple

読み方、または別称:あいあーるしんぷる

IrSimple(アイアールシンプル)は赤外線を利用して通信を行うための規格の一つで、シャープ、ITXイー・グローバレッジ、早稲田大学、NTTドコモが共同で開発した。なお、赤外線通信の業界標準化団体である IrDA (Infrared Data Association) が国際標準として認定した規格である。
従来からある赤外線方式と比較すると、IrSimpleの通信速度は理論値で最大4〜10倍であり、また、従来の赤外線通信プロトコルを見直して通信の効率化を図った規格であるため、既存のハードウェアにも容易に導入できる利点がある。
具体的には、現在、日本では富士フイルムのモバイルプリンターPiviをはじめ、2006年以降のエプソンカラリオ複合機やカラリオミー、キヤノンSELPHY、携帯電話の一部製品、例えばSHARPCASIOがIrSimpleを採用している。
したがって、IrSimpleは今後もさらに多くの機器や他分野への応用が大いに期待されている赤外線通信の規格である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る