OS用語辞典 の Ioctlに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Ioctl

読み方、または別称:あいおーこんとろーる

ioctl(アイ・オー・コントロール)とは、計算機科学においては、デバイスドライバと通常のデータの読み書きの流れの外で通信するためのシステムコールのことである。主に、UNIXライクなオペレーティングシステム上で、アプリケーションがデバイスドライバの制御を行ったりする。
その機嫌は、AT&T の Unix version 7 に実装されたことであり、名前の由来はI/O controlの略称である。UNIXにおける ioctlは、2つのパラメータを受け取ることになっており、すなわち有効なファイルディスクリプタと、デバイスドライバに対する個々の操作に割り当てられた番号である、ioctlのリクエスト番号である。
ただし、ioctlは、リクエストの種類によってはこれに加えて、整数値、及び基本型の変数、配列、構造体へのポインタのいずれかを受け取ることがある。カーネルにおいては、特別な解釈を加えていないこれらパラメータを、そのままデバイスに伝えることが一般的であり、デバイスドライバの作者は、説明を付記したリクエスト番号を、定数としてヘッダファイルに記述するものとしている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る