情報科学 の IceWMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IceWM

読み方、または別称:あいすだぶりゅーえむ

IceWMとは、X Windows Systemのウィンドウマネージャのひとつで、ゼロからC++で書かれたものである。メモリ使用量とCPU使用率が比較的低いことが特徴で、テーマをサポートしている。その為、Windows 95やOS/2、Motifなどのユーザインターフェースに似せることが可能である。
このプロジェクトの主な目標は、良いルックとフィールを提供しながら、同時に軽量であることである。そして、ポップアップなどのユーザを妨げない操作感というのも、特徴に挙げられる。また、ユーザのホームディレクトリに置かれたテクストファイルで設定することができ、そのための設定のコピーやカスタマイズも簡単に行うことができる。
組み込みのタスクバーには、メニュー、タスク表示、ネットワーク、CPUメータ、メールチェッカ、カスタマイズが可能な時計などが置かれている。また設定ファイルを編集するためのGUIログラムもある。
X Windows Systemのウィンドウマネージャーとして使われているが、X Windows Systemはビットマップディスプレイ上で提供しており、標準ツールキットとプロトコルも提供している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る