文字コード の ISO-2022-JPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ISO-2022-JP

読み方、または別称:あいえすおーにまるににじぇいぴー

ISO-2022-JPとは、電子メールなどを中心に、インターネット上で使われる文字用の文字符号化方式である。ISO/IEC 2022のエスケープシーケンスを利用し、文字集合を切り替える7ビットのコードである。俗に、「JISコード」と呼ばれている。
日本語を利用するネットワークにおいて、日本の規格を応用したものである。また、文字集合としては、日本語で用いられる漢字やひらがな、カタカナ以外にも、ラテン文字やギリシア文字、キリル文字なども含まれる。
利用できる文字集合は、JIS X 0211のC0集合(制御文字)、JIS X 0201のラテン文字集合、ISO 646の国際基準版図形文字、JIS X 0208の1978年版(JIS C6226-1978)、そして1983年および1990年版。
JIS X 0201のカタカナ文字集合は、利用することはできない。ISO-2022-JPに類似した符号化方式として、「ISO-2022-JP-1」「ISO-2022-JP-2」「ISO-2022-JP-3」「ISO-2022-JP-2004」がある。それぞれ、「ISO-2022-JP」を拡張したもので、JIS X 0212を利用できるようにしたものや、JIS X 0212、KS X 1001、GB 2312、ISO 8859-1などを利用できるようにしたものと、符号化方式によって異なる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る