情報科学 の IRAFに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IRAF

読み方、または別称:あいあーるえーえふ

IRAF(Image Reduction and Analysis Facility)とは、アメリカ国立光学天文台のプログラマーによるソフトウェアの集合体のことである。CCDカメラなどの検出器で得たピクセル配列フォームの天体画像データを解析することができ、ほぼすべてのOS上で利用することができる。
もともとUnix系のOS向けに作られたものだが、Cygwinを使うことでWindowsでも利用することができる。また、Linuxディストリビューションにおいても、いくつか利用することができる。
単一鏡の検出器で得たデータは、一般的にIRAFで解析される。そして、開口合成で得たデータは、AIPSまたはmiriadで解析することができる。ちなみに、IRAFはUNIX標準のアプリケーションではないため、使用前に必ず契約を結ぶ必要がある。
これを「メイクアイラフ」と言い、これを行うことでIRAFを利用できるようになる。ただし、同じディレクトリから出発し、IRAFを使い始める場合は、最初の1回のみメイクアイラフを行えば良い。その為、毎回メイクアイラフをする必要はない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る