ネットワーク の IPSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

IPS

読み方、または別称:あいぴーえす

IPS(あい・ぴー・えす)はIntrusion Prevention Systemまたは Intrusion Protection Systemの略で、日本語では侵入防止システム(しんにゅうぼうしシステム)のことであり、特定のネットワークとコンピュータへの不正な侵入を防御するシステムである。
IPSにはネットワーク型と、ホスト型があり、ネットワーク型では専用のアプライアンスとして提供され、ネットワークの境界に設置されて、コンピュータウイルスやDoS攻撃のパターンがあらかじめ記憶されているため、侵入を検知した時にはリアルタイムで通信遮断などを行なうとともにユーザへ通知またはログ記録の機能がある。
ホスト型ではIPSはソフトウェアをサーバにインストールするが、不正アクセスのOSレベルでの阻止をはじめ多彩な防御機能を持っている。なお、コンピュータネットワークの通信で不正アクセスを検知しても通知するのみ受身的なIDSを発展させて、不正アクセスに対して自動的に通信断やサーバのシャットダウンを行う能動的を持つのがIPSである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る